自社ブログ導入のご相談はアルテピナコテーク沖縄まで

アルテ・大田の日々好日 ~思い立つ日が最上吉日~

  1. top
  2. 三線日々好日
  3. 湛水流伝統保存会 第30回定期演奏会に向けて

2018/02/15

湛水流伝統保存会 第30回定期演奏会に向けて

師匠に勧められ右も左も分からぬまま入会した湛水流伝統保存会。第30回の定期演奏会3日前、稽古に熱が入ってきました。師をはじめ多くの方とのご縁にただ感謝です。

私は湛水流舞踊・首里の地謡をさせてもらいますが歌、三線とも出来がよくなく大汗でした。残る2日間集中して成功させてみせます。

「瓦屋四重奏」は必聴です。

 

※プログラムはこちら。画像クリックで中のプログラムが見れます。

 

湛水流は琉球古典音楽の鼻祖・幸地賢忠(湛水親方)が確立した歴史的に重要な流派です。歴史の流れに翻弄されながら320年余脈々と受け継がれてきました。それは湛水音楽が持つ魅力があったからです。30回目を迎える本公演では沖縄音楽研究の先駆者であり当会初代会長でもある山内盛彬を顕彰しその楽曲にも触れるとともに、盛彬翁が継承した琉球王朝時代の禮楽(為政者の嗜みとして推奨された芸能)も鑑賞いただけます。入場無料です。多くの沖縄音楽、琉球文化のファンのご来場をお待ちしております。


【プログラム】
~第一部~
1.湛水流斉唱「作田節、早作田節」
2.王府おもろ(二節)
3.湛水流舞踊「暁」
4.湛水流斉唱「虎頭山節」
5.クェーナ(二節)
~第二部~
6.御座楽(四節)
7.湛水流舞踊「首里」
8.湛水流斉唱「ぢゃんな節」
9.山内盛彬の世界
 (1)ひやみかち斉唱
 (2)楽器「三山」演奏(山内盛貴)
 (3)瓦屋四重奏

 

大田 守昭

有限会社アルテピナコテーク沖縄
代表取締役
大田 守昭

このブログは沖縄のインターネットサービス会社・アルテピナコテーク沖縄の代表がお客様及びブログを読んでくれた方お一人お一人のお仕事がうまくいったり、夢が叶ったりしたらいいなと願いながら書かせてもらうものです。それを通じて私自身も仕事がうまくいき、夢が叶う日が来たらいいなと願いながら書かせてもらうものでもあります。システムや運営はすべて自社になります。もしお仕事のご相談などいただけたら「唐船ドーイ」を弾き歌いながらお話お伺いさせていただきます。まだ練習中ですが。。。

Contact

nichi2@mokuhyou.okinawa

TOP