自社ブログ導入のご相談はアルテピナコテーク沖縄まで

アルテ・大田の日々好日 ~思い立つ日が最上吉日~

  1. top
  2. 三線日々好日
  3. 湛水流伝統保存会 第30回定期演奏会に出させてもらいました。

2018/02/28

湛水流伝統保存会 第30回定期演奏会に出させてもらいました。

所属する湛水流伝統保存会の第30回定期演奏会が2月18日日曜日の午後2時、首里公民館大ホールで開かれました。

 湛水流は湛水親方・幸地賢忠(1623年~1683年)を祖とする流派で、「ひやみかち節」や「屋嘉節」を作曲したことで知られる音楽研究家・山内盛彬が1982年(昭和57年)に会を設立。会では盛彬が採譜した7節9曲を中心にした、今でも斬新な横書き声楽譜を用いながら研さんを続けています。節目となる30回目の演奏会ではその山内盛彬を顕彰し、後半に「山内盛彬の世界」と題したプログラムが組み入れられました。

 演奏会は「作田節、早作田節」の斉唱で幕開け。その他、「虎頭山(とぅらじゃーま)節」「ヂャンナ節」などが披露されました。

舞踊は「暁(あかちち)」「首里(しゅい)」の2題。

湛水流舞踊「暁」(踊り:啓扇本流船之会・船越かおる)

湛水流舞踊「首里」(踊り:阿波連本流啓扇本流文幸の会・宮城めり子)

 後半、「山内盛彬の世界」では盛彬のひ孫・山内盛貴(もりたか)氏が盛彬が三線音楽の発展を目指して考案した楽器「三山」(サン・ヤマー)を紹介し、演奏。また会員一同による「ひやみかち節」の斉唱も披露しました。

 演奏会のクライマックス「瓦屋(からやー)四重奏」では舞踊「瓦屋」に用いられる「なからた節」「瓦屋節」「しやうんがない節」の歌三線、箏を4つのパートで演奏。琉球古典音楽による合奏(アンサンブル)の魅力をご来場いただいた皆様に味わっていただいたと思います。

 その他、今回も協力団体として山内盛彬と深いつながりのある、王府おもろ伝承者の安仁屋眞昭氏らや首里クェーナ保存会による古謡や中国の影響を受けた「御座楽(うざがく)」といった古(いにしえ)の王朝礼楽に触れることができた演奏会でした。

 私は去年初挑戦した独唱の出演はなく、斉唱3題と舞踊「首里」の地謡の出演でした。また稽古に努め、次回は技量をさらに磨き出演できるようにします。以上、簡単ですが演奏会の様子でした。

 第30回定期演奏会のプログラムについてはこちらをクリック(別画面でPDFが開きます)

※会の活動、音楽にご興味のある方からご連絡をいただけると大変嬉しいです。お気軽にメールやお電話お待ちしております。

大田 守昭

有限会社アルテピナコテーク沖縄
代表取締役
大田 守昭

このブログは沖縄のインターネットサービス会社・アルテピナコテーク沖縄の代表がお客様及びブログを読んでくれた方お一人お一人のお仕事がうまくいったり、夢が叶ったりしたらいいなと願いながら書かせてもらうものです。それを通じて私自身も仕事がうまくいき、夢が叶う日が来たらいいなと願いながら書かせてもらうものでもあります。システムや運営はすべて自社になります。もしお仕事のご相談などいただけたら「唐船ドーイ」を弾き歌いながらお話お伺いさせていただきます。まだ練習中ですが。。。

Contact

nichi2@mokuhyou.okinawa

TOP