自社ブログ導入のご相談はアルテピナコテーク沖縄まで

アルテ・大田の日々好日 ~思い立つ日が最上吉日~

  1. top
  2. 音楽日々好日

A Day In The Life / The Beatles

 今日はジョン・レノンの40回目の命日でした。ビートルズのおかげで苦しい時、寂しい時に頑張れたことに感謝します。 ところで、私は自分のことが好きでもあり、嫌いでもある。これが普通の人、普通の感覚ではないだろうか。そしてこれは大切な、幸せになるための必須な条件ではないかと思いが与えられた。確信だ。これは確信です。喜ぼう。喜びたい。生きるためにもっとも大切なことは何だろう。※動画は基本的に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の方のものを掲載させてもらっています。  

2020/12/08

DESERT MOON / 谷山浩子

 タイトル(和訳「砂漠の月」の方)と歌詞の「あなたとわたしはおんなじ夢をみてる」という一節に惹かれ、そこに真理(不動・不変・永遠)なる方を感じます。そして力づけられます。以前から知っていて好きな曲の一つでしたがさらに好きになりました。原曲(作詞作曲)はDennis DeYoung(デニス・デヤング)、日本語詞は谷山浩子さん。 ●原曲はこちら↓ 

2020/11/07

白日 / King Gnu(キングヌー)

 泣ける歌だ。。。ギターも泣ける。作詞・作曲:常田大希 ※動画は基本的に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の方のものを掲載させてもらっています。 

2020/10/17

All Along The Watchtower(見張り塔からずっと)/ Jimi Hendrix

 原曲(作詞・作曲)はボブ・ディラン。ギター弾きに憧れた人でジミ・ヘンドリックスを知らない人は恐らくなく、この曲もきっとジミヘンで知ったのではないでしょうか。1968年9月リリース。 歌詞は旧約聖書のイザヤ書21章を踏まえ、書かれているそうです。この歌がますます好きになりました。(ウィキペディア「見張塔からずっと」) 聖書といえば、マルコの福音書に「外側から人に入って、人を汚すことのできる物は何もありません。人から出て来るものが、人を汚すものなのです。」という言葉があります。 だから、力の限り心を見張りなさい、といつも私たちを訓戒してくれる牧師への感謝とともにこの言葉をもっと強く心に留めなければとあらためて思った。●ボブ・ディランが歌う「見張塔からずっと」はこちら(リリース:1967年12月アルバム収録曲)※動画は基本的に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の方のものを掲載させてもらっています。 

2020/10/14

See You Again(シー・ユー・アゲイン) ft. Charlie Puth / Wiz Khalifa

チャーリー・プースのハイトーンボイスとウィズ・カリファのラップ、リズム、サウンド、すべてが心地よい。そして物悲しい ●Cover by One Voice Children's Choir※動画は基本的に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の方のものを掲載させてもらっています。  

2020/09/18

ミュージック / サカナクション(MUSIC VIDEO)

お気に入りを紹介。聴くきっかけをくれた友人に感謝。よいものを運んでくるものは祝福される。その逆にはNG作詞・作曲:Ichiro Yamaguchi※動画は基本的に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の方のものを掲載させてもらっています。 

2020/09/08

PSYCHEDELIC HIP(サイケデリック・ヒップ)/ 吉川晃司

吉川晃司を知ったのは吉川のデビューした年から換算すると15歳の頃だったと思う。デビュー曲の「モニカ」が大ヒットしてテレビの歌番組で知った。友人がハマっていて確かその友人宅でこの「PSYCHEDELIC HIP」を聴いた気がする。他にも好きな曲はありますが、私の中では吉川といえばこの曲となる。とにかくインパクトがすごかった。この映像は初めて見させてもらいましたがあらためて彼の才能に感嘆せざるを得ない。日本一カッコイイんじゃないか。今も世に媚びないのもいい。作詞・作曲:吉川晃司 1986年リリース※動画は基本的に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の方のものを掲載させてもらっています。感謝します。  

2020/08/20

タガタメ / Mr.Children

私も初めて聴いた時、ズンときた。。。作詞・作曲:桜井和寿子どもたちの中で起こっていることは大人の社会で起こっていることの縮図だと誰もが聞いたことがあったり、知っていることなのにそれを変える力は今の世にはない。。。※動画は基本的に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の方のものを掲載させてもらっています。  

2020/07/25

マタアイマショウ / SEAMO(シーモ)

「僕なりのサヨナラの言葉よ」この曲が忘れられない方が少なくない数いるのではないでしょうか。作詞:Naoki Takada 作曲:Naoki Takada&Shintaro“Growth“Izutsu 編曲:Shintaro“Growth“Izutsu リリース 2006年4月5日※動画は基本的に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の方のものを掲載させてもらっています。SEAMO OFFICIAL WEB SITE はこちら

2020/06/12

恋は夕暮れ(カバー)/ スピッツ

スピッツの歌にも大好きな歌が何曲もありますが一曲選ぶとしたらこの歌。本家の動画は残念ながら見つけられなかったのですが原曲の良さをよく伝えている、素敵なカバー曲を見つけたのでご紹介します。作詞・作曲:草野正宗初めて聴いた時の歌詞のインパクトがすごかった。それは「恋」する気持ちの部分。恋する気持ちとはなんと美しく、なんと切なくそして時になんと怖いものであるのかをこの歌は私たちに語りかけてくれるようだ。この歌詞がどのように降りてきたのかチャンスがあればぜひ質問させてもらいたいと思う。いわゆる感性がすごい、半端ないのだろう。草野正宗は言葉の魔術師。曲もまたよい。

2020/05/21

大田 守昭

有限会社アルテピナコテーク沖縄
代表取締役
大田 守昭

このブログは沖縄のインターネットサービス会社・アルテピナコテーク沖縄の代表がお客様及びブログを読んでくれた方お一人お一人のお仕事がうまくいったり、夢が叶ったりしたらいいなと願いながら書かせてもらうものです。それを通じて私自身も仕事がうまくいき、夢が叶う日が来たらいいなと願いながら書かせてもらうものでもあります。システムや運営はすべて自社になります。もしお仕事のご相談などいただけたら「唐船ドーイ」を弾き歌いながらお話お伺いさせていただきます。まだ練習中ですが。。。

Contact

nichi2@mokuhyou.okinawa

TOP